XMの銀行への出金方法(2022年3月現在)

 

XMTrading(エックスエム)で利用出来る出金方法は以下の5通りです。

 

国内銀行送金(日本)
クレジットカード/デビットカード(VISA)
bitwallet(ビットウォレット)
STICPAY(スティックペイ)
BXONE(ビーエックスワン)

 

全ての出金方法において、原則24時間以内にXM側での出金処理を完了します。更にXMでは出金手数料を原則廃止してます。

 

XM取引所の出金方法

 

XM出金方法 国内銀行送金(日本)

 

まずはXMの会員ページにログインする
XM取引所の出金方法

 

資金の出金をクリックする
XM取引所の出金方法

 

出金方法の一覧が表示されるので「Local Bank Transfer」の項目の「出金」ボタンをクリックする
XM取引所の出金方法

 

XM取引所の出金方法

 

@受取人の情報、A受取人銀行の情報、B出金額を入力し、C出金規約を確認の上チェックボックスにチェックを入れ、D「リクエスト」ボタンをクリックする

 

XM取引所の出金方法

 

銀行名:全て英語表記で登録します

 

例)みずほ銀行 → MIZUHO BANK, LTD.

 

英語表記にするのはコチラのサイトをご活用下さい。

 

SWIFTコード:アルファベット8〜11桁の、銀行を特定するために用いられる金融機関識別コード(取引銀行にお問い合わせください)

 

例)りそな銀行 → DIWAJPJT

 

銀行所在地:支店所在地をアルファベット表記で登録します

 

例)東京都港区赤坂1-1-1→1-1-1 Akasaka Minato-ku Tokyo

 

支店名:支店名をアルファベット表記 + 「Branch(支店)」で登録します

 

例)赤坂支店 → Akasaka Branch

 

XMでは海外送金が受取れる銀行のみ利用可能
銀行送金で出金する場合、出金先の銀行口座には、海外送金の受取りが可能なSWIFTコードのある銀行を指定する必要があります。SWIFTコードを持たない銀行は、海外送金を受付することができないため、XMでは出金先銀行としてご利用頂けません。SWIFTコードがあり、海外送金を受取ることのできる金融機関であれば、都市銀行以外にも地方銀行や信用金庫、ネット銀行も出金先銀行として指定頂けます。

 

以下の銀行は、海外送金を受付していない等の理由でXMが出金先銀行として受付していない銀行の一例です。

 

XMにて利用できない銀行
ゆうちょ銀行
新生銀行
PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
セブン銀行
じぶん銀行
みずほ銀行(インターネット支店のみ)

 

XM口座から国内銀行送金(日本)にて出金する際の出金手数料

 

XMでは全ての出金方法において、XMが手数料を負担しているため、銀行送金にて出金する場合も出金手数料は無料です。但し、
40万円未満の出金の場合は、銀行送金による出金時にXMが負担するのは送金元銀行にて発生する手数料のみとなり、客の受取銀行や中継時に発生する手数料はいずれも客負担となります。

 

国内送金にて出金手続きを行った場合、決済代行会社を経由するため、40万円未満の出金の場合は、決済代行手数料2,500円が客負担となります。40万円以上の出金の場合は、全ての出金手数料をXM側が負担します。